Top >  胃腸の病気の予防法 >  睡眠で胃腸病予防

睡眠で胃腸病予防

みなさんは十分な睡眠をとれていますか?


睡眠不足だと、やる気も元気も出ないし、

なんだか1日ボーっとしてしまいますよね。。。


胃腸病の予防のためにも、

十分な睡眠は必要です。


睡眠不足だと、

神経のバランスが崩れてしまいます。


それが原因での不調が、

やる気がでなかったりという症状に

つながることは想像がつくと思います。


私もちょっと寝る時間がずれてしまうと、

すぐだるさなどが出たり、

昼間でも(特にお昼ごはん後)眠かったりします。。。


そして、またへんな時間にちょっと寝てしまうと、

夜寝る時間に今度は眠れなくなってしまって、

悪循環なんですよね(^^;)


睡眠不足で神経のバランスが崩れると、

胃腸にも悪影響がでてきます。


胃の運動がうまく働かなくなってしまったり、

胃酸などの分泌機能が正しく働かなくなってしまいます。


そして、胃腸の不調や、

病気になってしまいます。


胃の機能がうまく働かないと、

胃に消化しきれずに溜まってしまい

膨満感、胃のムカムカという症状が出てきます。


また、胃の分泌機能がうまく働かなくなってしまうと、

消化不良になったり、胃酸過多などにもなってしまいます。


症状が軽いもので、

少し気をつければ良くなることもあります。


しかし、気付かないと、

症状が重くなってしまうこともあるので

注意が必要です。


睡眠不足は、

胃腸にまで影響を及ぼしてしまうんですね。。。


たかが睡眠不足といって、甘く見てはいけません。


理想の睡眠時間は6ー8時間といわれています。


また、22時ー2時というのは、

睡眠が必要な時間だそうです。


十分な睡眠を心がけましょう。

         

胃腸の病気の予防法

胃腸の病気を予防する、
様々な方法を紹介します。

普段から少し気をつけるだけで、
胃腸の病気の予防をすることができます。

参考にしてください(^^)

このカテゴリ内の記事


胃腸の病気を予防する食べ物
食事方法で胃腸病予防
運動で胃腸病予防
睡眠で胃腸病予防
控酒・禁煙をしましょう
胃腸の病気、再発を防ぐために
定期健診を受けましょう







Yahoo!ブックマークに登録