Top >  胃腸の病気の予防法 >  食事方法で胃腸病予防

食事方法で胃腸病予防

胃腸病の予防には、塩分控えめ、

薄味の料理がいいとお話しました。


また、食物繊維が豊富な野菜や果物も

積極的に摂りたいものです。


そのような食事にしても、

いつでも、好きなだけ食べていては

胃腸病の予防にはなりませんよね。。。


食事の方法にも、ちょっとしたコツがあります。


まずは、良くかむこと。


これは、とっても大事です。


口から入った食事は、

まずかむことで唾液と混ざって細かくされます。


その後胃でさらに細かくなるんですが、

噛まないで胃の中に入ると、

胃の働きに負担がかかります。


なので、なるべく胃に入る前の口の中の段階で

よく噛んで胃の働きを助けてあげましょう。


たくさん噛むことによって、

満腹感も早くなり、

食べる量が抑えられて肥満予防にもなります。


また、腹八分目というように、

食べすぎに気をつけましょう。


食べ物が多く入ると、

その分胃にも負担がかかります。


っといっても、若い頃は焼肉食べ放題!

ケーキ食べ放題!

なんてついつい行ってしまうんですけどね。。。


胃腸病予防からみると

そんなにいいものではないんですね(><)


たまーに、ご褒美で行きましょう(笑)


また、食事をする時間も

少し気をつけたいものです。


果物は、朝摂るといいといいますが、

あと気をつけたいことといえば夕食です。


仕事をしていたり、なかなか難しいかもしれませんが、

大体寝る3時間くらい前までに済ませるようにしたいですね。


ご飯を食べてすぐに寝てしまうと、

消化も進まなく、胃に長い時間

食物が溜まることになってしまいます。


そのため、胃もたれなども起きやすくなります。


他にも、3食きちんと食べる、

野菜から食べた方が消化によい

など、ありますね。。。


良く噛んで、腹八分目、就寝前の食事は避ける。。。など、

なんだか小学校の授業みたいですが(^^;)、

大事なことです。


それが、健康につながるということで、

胃腸病の予防でも食事に

少し気をつけてみてくださいね!

         

胃腸の病気の予防法

胃腸の病気を予防する、
様々な方法を紹介します。

普段から少し気をつけるだけで、
胃腸の病気の予防をすることができます。

参考にしてください(^^)

このカテゴリ内の記事


胃腸の病気を予防する食べ物
食事方法で胃腸病予防
運動で胃腸病予防
睡眠で胃腸病予防
控酒・禁煙をしましょう
胃腸の病気、再発を防ぐために
定期健診を受けましょう







Yahoo!ブックマークに登録