Top >  胃腸の病気の治療法 >  胃腸の病気の手術

胃腸の病気の手術

胃腸の病気の治療法のひとつとして、

手術があります。


手術といっても、お腹を開いた外科手術もあれば、

最近では内視鏡での手術も行われています。


内視鏡の手術は、

開腹(お腹を切って開く)手術より

リスクは少ないです。


簡単にいうと、お腹を切ったりはせずに

小さな穴を開けて

そこに内視鏡を入れての治療をします。


傷も小さいので、

普通の手術より早く回復できます。


最近では、内視鏡で手術できるものが増えています。


特に大腸では、内視鏡手術が多いですね。。。


内視鏡は、小さい腫瘍やポリープの検査の際にも使われますが、

そこで、腫瘍、ポリープが見つかったときには、

そのまま切除することもできます。


内視鏡手術は、胃では腹腔鏡手術といわれています。


最近では、胃を全部取らなくてはいけない全摘出の手術も

開腹手術と同じように腹腔鏡で手術することができます。


胃の腹腔鏡手術の傷は、2センチほどの穴が5ー6箇所と、

切除部分を取り出す5センチほどの穴が1箇所だそうです。


開腹手術の場合は、30センチほどの傷ができてしまうので、

それに比べれば小さいですよね!!


といっても、手術する前に薬などで治るものもあります。


なるべく手術になる前に治療できればいいですよね!!


そして、健康な人、今は胃腸が元気だという人も、

今のうちからしっかり予防しておきましょう(^^)

         

胃腸の病気の治療法

胃腸の病気の主な治療法と
薬と手術について
説明しています。

このカテゴリ内の記事


漢方胃腸薬
胃腸の病気の手術







Yahoo!ブックマークに登録