Top >  胃腸の病気の治療法 >  漢方胃腸薬

漢方胃腸薬

市販の胃腸薬でも、漢方を使った胃腸薬が

いくつか販売されているようですが。。。


漢方薬のイメージって、大体の人が苦い。。。と

まず出てくると思います。


でも漢方は普段病院で処方されているような薬(合成薬物)

とは違って、天然のものを使って薬としています。


天然のもの(自然のもの)を使っているので、

体への負担が少なくてすみます。


大きな病気、進行した胃がんや大腸がんなどに対しては、

やはり病院の治療、投薬をしなくてはいけませんが、

慢性的な胃や腸の不調の場合は効果が期待できると思います。


現在市販されている漢方薬は、配合は決まっていますが、

一部の漢方薬局は、以前は一人ひとりに合わせて、(体重、

年齢なども含めて)処方されていました。


病気の症状、痛さなどは一人ひとりによって違うので、

その人にとって一番合った薬を処方してもらえれば、

効果も高いですよね。。。


胃腸に効くとされている漢方で有名なものとしては、

平胃散(ヘイイサン)という胃薬です。


これは胃の粘膜を保護してくれます。


現在漢方薬は約365種類くらいあります。


良く使われる漢方薬はそのうちの100種類です。


病院では保険の適応として

漢方を処方できるものもあります。


病院で処方されているものや市販されているものは

エキス顆粒といって、飲みやすく、粉末になっています。


胃腸にやさしい漢方薬、

おススメです。

         

胃腸の病気の治療法

胃腸の病気の主な治療法と
薬と手術について
説明しています。

このカテゴリ内の記事


漢方胃腸薬
胃腸の病気の手術







Yahoo!ブックマークに登録