Top >  胃腸の病気の検査方法 >  内視鏡検査(大腸カメラ)

内視鏡検査(大腸カメラ)

胃の検査にも内視鏡での検査が行われますが、

大腸でも内視鏡検査を行います。


胃カメラと大腸カメラ、同じ仕組みではありますが

カメラの種類は、胃専用、大腸専用と分かれています。

(当たり前ですが。。。)


大腸の内視鏡検査は、

大腸専用のファイバースコープで、

肛門から挿入して腸の様子をみます。


胃カメラと同じように、

モニターでリアルタイムで

様子を見ることができます。


しかも、大腸の内視鏡検査のすごいところは、大腸内に

ポリープなどが見つかった場合、その場で一部を取って

検査をできたり、そのままポリープを切除することもできるんです。


でも、大腸カメラも痛いじゃん。。。と思うかもしれませんが、

大腸カメラは肛門から盲腸までも広い範囲を見ます。


大腸は長くくねくね曲がっていたりするので、

大腸の壁にカメラが当たると痛みが生じます。


なので、このいかに壁にぶつけずに

大腸内にカメラを通すかというのは、

そのお医者さんの腕にかかっているのです。


大腸内視鏡の経験豊富なお医者さんの方が、

痛みが少なかったりします。


大腸カメラの検査の方法は、

まず、下剤で腸内をキレイにします。


着替えて注射をして。。。これで準備ok。


大腸カメラを挿入します。


というような分かりやすい方法です(^^;)


大腸がんは、年々増えています。


大腸内視鏡検査は、大腸がんだけでなく、

ポリープや、異常をその場で調べることもできる

とても素晴らしいものです。


まだ検査をしたことがない方も、

もし機会があれば受けて見ましょう。

         

胃腸の病気の検査方法

胃腸の病気の検査方法お紹介します。

最近話題の内視鏡検査についても
説明しています(^^)

このカテゴリ内の記事


レントゲン検査
内視鏡検査(胃カメラ)
内視鏡検査(大腸カメラ)
ピロリ菌検査







Yahoo!ブックマークに登録