Top >  胃腸の病気の検査方法 >  内視鏡検査(胃カメラ)

内視鏡検査(胃カメラ)

胃カメラと聞くと、

苦しい。。。痛い。。。

というイメージがありますよね。


胃カメラは、皆さんもうご存知の通り、

口から内視鏡を胃に入れて、

先に付いているカメラで胃の様子を観察します。


カメラに映ったものは、

リアルタイムでモニター画面に

映して観察できます。


胃カメラは、どんどん進化していて、

最近では直径5ミリ程の細さになっています。


昔の苦しい。。痛い。。というものよりは

楽に受けられるようになりました。


少し太くなりますが、先端に超音波の機械をつけて、

胃壁の超音波検査もできるようになっています。


すごいですよね!!


胃カメラの検査の方法ですが、

まずはのどに麻酔薬をぬります。


この麻酔薬はゼリー状になっています。


次に、注射をします。


この注射は胃の動きを止める注射です。


そして、体の左を下にして横に寝ます。


いよいよお医者さんが内視鏡を入れます。


ポイントは、腹式呼吸!!

これでだいぶ楽になります。


内視鏡を入れたら胃に空気を送って胃を膨らませます。


というような感じで内視鏡検査を行います。


前日の注意点としては、

早めに夕食をとり、

検査の日は食べ物は食べてはいけません。


バリウム検査と違い、

水やお茶は飲んでもokです(^^)


内視鏡検査のコツは、緊張しないこと。。

難しいかも知れませんが、

緊張するとかえって痛くなったりします。


昔はもっと苦しかったんだ!今はとっても楽なんだ!!と

思いながら受けてみるといいかもしれませんね(^^;)

         

胃腸の病気の検査方法

胃腸の病気の検査方法お紹介します。

最近話題の内視鏡検査についても
説明しています(^^)

このカテゴリ内の記事


レントゲン検査
内視鏡検査(胃カメラ)
内視鏡検査(大腸カメラ)
ピロリ菌検査







Yahoo!ブックマークに登録