Top >  胃腸の病気の検査方法 >  レントゲン検査

レントゲン検査

胃や腸の検査方法のひとつとして、

「レントゲン検査」があります。


別名、「バリウム検査」といえば、

想像が付くと思います。。。


レントゲンは、そのままだと、

胃が透けて映りません。


なので、バリウム(造影剤)を飲んで

胃を映しているんです。


胃がんや胃潰瘍の検査では、二重造影法といって、

胃を空気や炭酸ガスでふくらませて

映す方法が行われています。


バリウム。。。と聞くと

なんだか嫌なイメージかもしれませんが、

これがないと、ちゃんと検査ができません。。。


検査の方法は、まず顆粒の発泡剤を

少量の水で飲みます。


バリウムを一口飲んで、

そのまま飲み込みます。


ゲップや不味さは我慢です(><)


台が後ろに倒れます。


回転したり左右に動いたり。。

これで胃の全体にバリウムを

薄く胃の全体に付着させます。


息を止めて。。。。はい、撮影です。


いろんな角度で何枚か撮ります。


息を止めないと胃がブレてしまい

ちゃんと撮れません。


このような感じで検査が終わります。


終わったら、なるべく

たくさんのお水を飲んでくださいね!


バリウムが固まる前に出さないと、

便が固くて出にくくなることがあります。


そして検査の前の日は、早めに夜ご飯を食べて、

検査の日は検査まで何もたべてはいけません。。。

水分もなるべくダメです。


最近は、バリウム検査をしないで

内視鏡検査をするところも多くなってきました。


しかし、バリウム検査では、

胃の全容を見ることができるので、

胃下垂の検査などに向いています。

         

胃腸の病気の検査方法

胃腸の病気の検査方法お紹介します。

最近話題の内視鏡検査についても
説明しています(^^)

このカテゴリ内の記事


レントゲン検査
内視鏡検査(胃カメラ)
内視鏡検査(大腸カメラ)
ピロリ菌検査







Yahoo!ブックマークに登録