Top >  腸の病気の種類 >  腸閉塞

腸閉塞

腸閉塞は別名イレウスとも呼ばれています。


腸閉塞は、腸の中が詰まってしまい、

便などが通れなくなってしまいます。


症状は、最初は便やおならが出ないことです。


便秘のとき、経験した人もいるかと思いますが、

腹痛や吐き気などを起こすこともあります。


その便秘。。。と似ていますが、

腸閉塞は便もおならもでなくなってしまいます。


腸閉塞の怖いところは、便秘と違って

何も通れないくらいに塞がってしまいます。


詰まりが取れないと、

その詰まっている腸が壊死してしまったりして、

命に関わることもある怖い病気です。


腸閉塞が分かったら、

すぐに詰まりを取らないといけません。。。


腸閉塞の原因はいくつかありますが、

他の病気の合併症としては、

腫瘍性大腸炎、クローン病、大腸がんなどの合併症があります。


また、胆石などが詰まって腸閉塞を起こすこともあります。


このように腸の中の異物が原因で腸閉塞を起こすこともありますが、

外からの圧迫による腸閉塞もあります。


例えば腸ではなく、腸の周りの臓器に腫瘍ができて

腸が圧迫されて腸閉塞が起こることもあります。


腸が詰まる原因が中で起こったり、

外からの圧迫が原因の腸閉塞を

「機械性イレウス」といいます。


他に腸の吸収機能や収縮機能が原因の

腸閉塞を「機能性イレウス」といいます。


他にも、腸捻転といって、

腸がねじれてしまう病気も腸閉塞の一種です。


腸閉塞の治療では、

レイウス管というチューブを使って

治療します。


しかし腸捻転などの場合は手術しなくてはいけません。。。

         

腸の病気の種類

腸の病気を説明します。
腸の病気といっても
いろいろあります。

日本人にも腸の病気が増えてきました。

どういう病気があるか知っておきましょう。

このカテゴリ内の記事


十二指腸潰瘍
腸炎
盲腸(虫垂炎)
腸閉塞
過敏性腸症候群
腫瘍性大腸炎
大腸がん
クローン病







Yahoo!ブックマークに登録