Top >  腸の病気の種類 >  腸炎

腸炎

腸炎は、腸の粘膜に起きる炎症のことで、

急性と慢性に分けられます。


小腸、大腸どちらにもなる可能性はありますが、

大腸にでることが多いです。


急性腸炎は、腸炎が急に起こることで、

腹痛、嘔吐、下痢、発熱などが起こります。


急に激しい痛みなどが現れるので、

トイレから出れなくなります(;;)


原因はとってもたくさんあるのですが、

一番多いのは、感染症から起こる急性腸炎です。


細菌やウイルスが原因で起こるのですが、

有名なところだと、O?157やノロウイルスだと思います。。。


O?157といえば食中毒、

夏などにはニュースで流れることもありますよね。


また、冬に流行ったノロウイルス。。

コレが原因になって急性腸炎がおこります。


ということは、夏でも冬でも

腸炎になる可能性はあるんですね(><)


また、潰瘍性大腸炎、クローン病、

大腸がんなどで急性腸炎になることもあります。


下痢が止まらないなど、

急性腸炎になったときは、

心配なのが脱水症状です。


下痢が続くときは

水分補給をしてくださいね。


慢性腸炎は、下痢や便秘が長く続きますが、

急性腸炎よりは症状は軽いです。


でも、あまり治りにくいとされています。


急性腸炎から、慢性腸炎になることもあります。


慢性腸炎でも、進行が見られる場合は、

クローン病や、腫瘍性大腸炎と

診断されることもあります。


慢性腸炎の治療としては、安静にして、

患部を温める、食事や生活に

気をつけることも有効とされています。

         

腸の病気の種類

腸の病気を説明します。
腸の病気といっても
いろいろあります。

日本人にも腸の病気が増えてきました。

どういう病気があるか知っておきましょう。

このカテゴリ内の記事


十二指腸潰瘍
腸炎
盲腸(虫垂炎)
腸閉塞
過敏性腸症候群
腫瘍性大腸炎
大腸がん
クローン病







Yahoo!ブックマークに登録