Top >  腸の病気の種類 >  十二指腸潰瘍

十二指腸潰瘍

十二指腸潰瘍は、

胃潰瘍ととってもよく似ています。


胃潰瘍のところでもお話しましたが、

簡単に説明します。


胃潰瘍は胃の中で消化をする強い酸と、それを防御する粘液などの

バランスが崩れてしまい、胃の中が攻撃されて胃の粘膜が壊されて、

胃壁がえぐられてしまった状態です。


その潰瘍ができた場所が胃ではなくて

十二指腸の場合、十二指腸潰瘍といいます。


十二指腸は、胃から小腸に

食物を運搬する役目を持っています。


ちなみに、大きさが12インチ(30.48センチ)くらいなので、

十二指腸と呼ぶそうです(^^)


十二指腸潰瘍の症状は、胃(お腹)の痛みや吐き気など

十二指腸潰瘍も胃潰瘍と同じような症状がでます。


そして、原因も多くが

ピロリ菌が原因ではないかと言われています。


十二指腸潰瘍も胃潰瘍も症状が同じようだったら、

病院に行かないとどちらか分からないの?

とおもいますよね。


十二指腸潰瘍と胃潰瘍ですが、

見分けるポイントは、症状は同じようですが、

その症状のでるタイミングが違うということです。


胃潰瘍の場合は、食事をした後に

症状が出ることが多いです。


しかし、十二指腸潰瘍の場合は、

食事をする前、お腹がすいているときに

よく症状が出ます。


そして、食事後治まることが多いようです。


胃潰瘍と十二指腸潰瘍、治療法もほとんど同じく、

投薬や、ピロリ菌の除去が行われます。


少し前までは、外科手術も多かった様ですが、

最近ではほとんどが投薬で治療できるそうです。


しかし、放っておくと腹膜炎など、

他の病気になってしまう可能性もあるので

注意しましょう。

         

腸の病気の種類

腸の病気を説明します。
腸の病気といっても
いろいろあります。

日本人にも腸の病気が増えてきました。

どういう病気があるか知っておきましょう。

このカテゴリ内の記事


十二指腸潰瘍
腸炎
盲腸(虫垂炎)
腸閉塞
過敏性腸症候群
腫瘍性大腸炎
大腸がん
クローン病







Yahoo!ブックマークに登録