Top >  胃の病気の種類 >  胃がん

胃がん

胃がんは、日本人に多いがんの

ひとつだといわれています。


それはなぜでしょうか。


胃がんの原因は色々なものがありますが、

日本人の食事は、塩分が多いということも

関係しているのではないかといわれています。


日本人の食事。。。といったら、

ご飯に味噌汁、漬物。。。塩しゃけ。。。

考えてみたら、塩分結構使ってそうですよね。


塩自体に発がん性物質があるのではないようですが、

塩分は胃の粘膜を傷つけやすいので、

それが積み重なって発がん物質が働くと考えられています。


その他の原因としては、タバコ、お酒、コーヒーなど、

飲みすぎ食べすぎがよくないようです。


がんというと、怖いイメージがありますが、

最近では、医学の進歩のおかげで、

その怖いイメージはなくなりつつあるようです。


早期にがんを発見すれば、

治る可能性もありますし、再発も少ないです。


早期がんの5年生存率(発症、手術してから5年後生きているか)は、

90パーセント以上とも言われています。


がん=死ではなくなってきているようです。


でも、肝心なのは

「早期に発見すること」です。


胃がんは、早期の場合、自覚症状がないことが多く、

自分でおかしいなと思って病院へいくと、

進行していることが多いそうです。


進行がんの場合、手遅れになることもありますから、

早めに発見したいものです。


早期の場合、自覚症状がないことがほとんどなので、

定期健診は必ず受けましょう。


そして、普段から予防する食事(食物繊維・ビタミン・牛乳など)

と、規則正しい生活を心がけましょう。

         

胃の病気の種類

胃が不調と一言で言っても、
症状は似ていても、病名は
全然違ったということもあるようです。

ここでは胃の病気について説明します。

このカテゴリ内の記事


逆流性食道炎(食道炎)
胃炎
胃潰瘍
胃酸過多
胃下垂
胃がん







Yahoo!ブックマークに登録