Top >  胃の病気の種類 >  胃潰瘍

胃潰瘍

胃潰瘍も胃の病気として結構多いですし、

知られている病気ですよね。


胃潰瘍、十二指腸潰瘍など、

潰瘍って何なんでしょうか?


私達の体って、外気(空気)に触れる部分と

触れない部分があります。


私達の体は、食物が通ったり、呼吸をしたりします。

食物や空気の通り道は、外気に触れる部分です。


こういう空気が触れる部分は

一枚の膜で覆われています。


体の外側は皮膚、体の中は粘膜。。

といえば分かりやすいですよね!!


その膜の一部分が

壊されてしまった状態が潰瘍です。


胃の部分にできると、胃潰瘍、

十二指腸にできると十二指腸潰瘍

となります。


・・・ということは、皮膚などにも潰瘍はできるんですね。。。

あまり聞かないですけど。。。


胃潰瘍は、胃の粘膜が壊されてしまって、

胃の壁がえぐられてしまった状態です。


胃の中では、消化するために強い酸が出ますが、粘膜などで

保護されていたり、保護する粘液を出しているので、

普通胃が荒れたりすることはありません。


攻撃するものもあれば、防御するものもあり。。。

これらのバランスがきちんと取れています。


でも、ストレスなどの原因でそのバランスが崩れてしまい、

攻撃の方が強くなると、胃まで攻撃してしまうんです(><)


胃潰瘍の症状は、胃の痛み、膨満感、吐き気、

食欲不振、嘔吐などです。


また、胃潰瘍の検査をすると、

ほとんどでピロリ菌が発見されているそうです。。


その場合、ピロリ菌を除菌すると

再発を防げるといわれています。

         

胃の病気の種類

胃が不調と一言で言っても、
症状は似ていても、病名は
全然違ったということもあるようです。

ここでは胃の病気について説明します。

このカテゴリ内の記事


逆流性食道炎(食道炎)
胃炎
胃潰瘍
胃酸過多
胃下垂
胃がん







Yahoo!ブックマークに登録