Top >  胃の病気の種類 >  胃炎

胃炎

胃の不調の中では、結構多い胃炎。。。


誰でもなる可能性もありますし、

結構知られてもいると思います。


胃炎には、大きく分けて

二種類あります。


急性胃炎慢性胃炎です。


一時的なものは、急性胃炎で、

慢性化してしまうと、

慢性胃炎となります(そのままですね。。。)


急性胃炎とは、アルコールや薬物、細菌、

ストレスなどが原因で胃の粘膜に急性の炎症が

起こってしまうこををいいます。


症状としては、急に激しい胃の痛みがあったり、

吐き気、嘔吐、胸焼け、ひどいときには

出血してしまうこともあります。


原因で一番多いものは、アルコールです。


特にお腹が空いているときにお酒を飲むのは、

胃の粘膜を傷つけやすいので気をつけましょう(^^;)


私も空きっ腹にビール飲んでしまうこと多いんですけど(^^;


アルコール以外にも、

私たちは毎日食事をするので、

胃の粘膜は傷つく可能性はあります。


かといって、食べないわけにはいかないので、

熱いもの、冷たいもの、固いものに気をつけたり、

暴飲暴食をしないなどちょっとしたことに気をつけましょうね!!


そして胃の不調が続く。。。

などの時には「慢性胃炎」かもしれません。


食後に胃が痛い、お腹が空くと痛くなるなどが続くとき

胃の粘膜がただれてしまっていることがあります。


他に症状として、胸焼け、嘔吐、げっぷなど、

急性胃炎と同じような症状があります。


慢性胃炎の場合の主な原因は、

ピロリ菌の感染といわれています。


胃炎になったら、薬も処方されると思いますが、

自分でも食生活や生活改善が大切です。


急性胃炎の場合は、

安静にすることが大事です。

         

胃の病気の種類

胃が不調と一言で言っても、
症状は似ていても、病名は
全然違ったということもあるようです。

ここでは胃の病気について説明します。

このカテゴリ内の記事


逆流性食道炎(食道炎)
胃炎
胃潰瘍
胃酸過多
胃下垂
胃がん







Yahoo!ブックマークに登録