Top >  胃腸の基礎知識 >  胃腸炎

胃腸炎

胃や腸の病気には、様々なものがあります。


そして、胃腸の病気は、日本人にとって

なりやすい病気といえます。


胃腸の病気の原因というのは色々あります。


食事や、生活など・・・


胃腸の働きは、毎日食べる食事を消化するためにあるので、

働いていることの方が多いですよね。


たまに休ませてあげないと(といっても、食事をしないわけには

いきませんけど。。。)、いろいろと不調が出てきてしまいます。


また、日本人にとっての大きな原因は、

ストレスが多いといわれています。


我慢ばっかりして、ストレスを発散しないでいるのが

日本人の特徴。。。ではないのでしょうか。。。


まぁ、ストレス溜まんないよー!!

という人もいると思いますが(^^;)


でも、胃腸にとってもストレスが溜まらないということは、

いいことなんだと思いますが・・・(^^)


話は変わりますが、胃腸って、

何でひとくくりになっているのでしょう。


胃と腸は、別々の臓器です。


脳の病気だったら脳疾患、

腎臓の病気だったら腎臓病なのに、

胃と腸は、胃腸といわれますよね。


胃の病気といえば、

胃炎、胃潰瘍、胃がん。。。


腸の病気といえば、

腸炎、十二指腸潰瘍、盲腸、大腸がんなど。。。


胃と腸の病気は似ているところが多くありますが、

同じような症状の患者さんでも、

病気の場所が胃であったり、腸であったりと違うこともあります。


症状が似ているから、また、

胃と腸はつながっているからっていう

理由もあるかもしれませんね。


また、胃腸病というものもあります。


胃に炎症が起こる胃炎、

腸に炎症が起こる腸炎があります。


この胃炎と腸炎は別々に起こることもありますが、

胃炎になって、腸炎を併発することもあります。


その場合、胃腸炎といいます。


胃と腸はつながっているから

このような病気も起こるのですね。

         

胃腸の基礎知識

胃腸の病気の話や、
胃、腸の役割などを
説明します。

また、胃腸炎についても
説明します。

このカテゴリ内の記事


胃腸の病気とは 
胃の役割 
腸の役割 
胃腸炎







Yahoo!ブックマークに登録