Top >  胃腸の基礎知識 >  胃腸の病気とは 

胃腸の病気とは 

私達の体の大事な部分のひとつ。。。胃腸。

胃腸の病気の話の前に、ちょっと胃腸についての

話をしたいと思います(^^)


胃って、どんなイメージがありますか?


私個人の意見ですが、「胃=弱い」なんですよね。


ちょっとのストレスでキリキリ胃が痛くなったり、

食べ過ぎて、痛くなったり。。。

そして、お腹がすいても、胃が痛くなります(^^;)


逆に、腸というと便秘。。とか、、、

やっぱりあまりいいイメージではありませんね(><)


最近テレビなどで大腸がんの特集なんかも

多くやるようになりました。


なので、大腸がんも知られるように

なってきたようです。


皆さんも、そういうイメージの人も少なくないと思います。

そして、実際そう人も少なくないのではないでしょうか。


実際、日本人は、胃腸の病気になりやすいといわれています。

それは、なぜでしょうか。


日本の、食事は、他の国に比べて塩分が多めです。


日本人が大好きな漬物も塩分が多いですよね。


その塩分などは、胃の壁が傷つきやすく、

胃の病気になりやすいと言われています。


また、ストレスを溜めやすいのも日本人の特徴。。。

ストレス、疲れなども、胃腸の病気の原因です。


こういう理由から、日本人は、

胃腸の病気になりやすいのです。。。


ちなみに、胃腸の病気といっても、

胃の病気、腸の病気と大体分けられます。


また、胃腸は、体の中の大きな分類で、

消化器といいます。


消化器は、口から肛門まで食物の通り道のことをいい、

胃腸もその中に入ります。


なので、大きい病院では、胃腸科ではなく

消化器科で診てもらうこともあると思います。

         

胃腸の基礎知識

胃腸の病気の話や、
胃、腸の役割などを
説明します。

また、胃腸炎についても
説明します。

このカテゴリ内の記事


胃腸の病気とは 
胃の役割 
腸の役割 
胃腸炎







Yahoo!ブックマークに登録